7
2月

AGAのヘアサイクル

ヘアサイクル コメントは受け付けていません。

さて先ほどからAGAとは髪の毛の成長サイクルが短くなってしまっている状態だということを紹介してきましたが、そもそも髪の毛の成長サイクルとはどのようになっているのかということをみていきたいと思います。

髪の毛とは生えて、伸びて抜けるということを繰り返しています。

そのため毛包は成長期、退行期、休止期という状態のいずれかにあります。

正常のヘアサイクルであれば、成長期がだいたい2~6年ほどあり、その後成長しきった髪の毛は退行期で抜けていってしまいます。

その後すぐにはえてくるのかと言えばそうではなく、3~4カ月の休止期をへてまた成長期に入るという循環を繰り返すのです。

しかしながらAGAの人の場合にはこのヘアサイクルのうちの成長期が数カ月~1年と短くなってしまっているのです。

そのため通常であればしっかりと育つはずの髪の毛が育たないということになるのです。

Comments are closed.