5
1月

AGAの進行

進行 コメントは受け付けていません。

先ほどはAGAの人の半分しかそのケアをしていないということについて述べました。

ゆっくりと進行していくので気付かないという人も少なからずいます。

AGAの原因ですが、実は脱毛してしまう部分にはジヒドロテストステロンという物質が高濃度で見られるということが分かったのです。

そしてこの物質こそがヘアサイクルの中の髪の毛の成長期を短くするのです。

髪の毛の成長サイクルが短くなってしまうと、髪の毛がしっかりと太く育たないままに抜けてしまうという現象が起きるのです。

そのため全体として細くて十分に成長していない毛が多くなってしまい、薄毛が目立つということになるのです。

しかしこの場合においても毛包が残っているという場合が多く、産毛は生えてくるということが多いです。

しかしそれが育たないということが薄毛の原因となっていますのでその原因を取り除くことが大事です。

Comments are closed.